*3 四冊の本——東京創元社と私

IMG_0091

(「ミステリーズ66号2014年8月号所収。東京創元社創立60周年記念)

東京創元社の本には長いことお世話になってきたけれど、特別思い入れのある本に限定するなら、次の四点をあげるだろう。

1.『ポオ全集』(全三巻)編集委員・佐伯彰一、福永武彦、吉田建一、一九七五年(昭和五十年)、新装版八版

2.『精神と情熱に関する八十一章』アラン、小林秀雄訳、一九七八年(昭和五十三年)初版

3.『アビシニアのランボー』アラン・ボレル、川那部保明訳、一九八八年(昭和六十三年)初版

4.『薔薇の名前』ウンベルト・エーコ、河島英昭訳、一九九〇年(平成二年)初版

最初の二点は学生時代に購入したもの。ポーも小林秀雄も、当時の私にとっては神のごとき存在だった。3は数あるランボー論のなかで、ゆいいつ我が意を得たりと唸った本。ぜひとも復刊してほしい。4は、ちゃんと初版を買っているところがえらい。これらの本を読んでいるときには、東京創元社から訳書を出すことになろうとは想像だにしなかった。きっと導くものがあったのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です