*90 秋味の待ち伏せ

湧洞沼の海岸(ISO/200, 18mm, f/8, 1/600)

遠い太平洋の彼方から帰ってくる鮭を捕らえようとして、こういう釣り竿がずらり、湧洞の海岸だけでも、たぶん百本は並んでいるだろう。久方ぶりの秋晴れ。

*89 仙人の棲む渓

岩内仙境(ISO/400, 18mm, f/4.5, 1/140, フィルターあり)

帯広市内を流れる札内川に沿って南西に遡っていくと、戸蔦別(とつたべつ)川との合流点に出る(20km程度の道のり)。この分流をさらに南西方向に進むと、岩内川との合流点にさしかかる(15km程度)。戸蔦別川は日高山脈を源流として、同じく日高山脈の奥から流れ出る札内川と合流して、さらに十勝川に合流し、十勝川は悠々と流れて太平洋に注がれる。岩内川の源流は日高山脈の麓にある。岩内仙境と呼ばれる小さな渓谷の奥にたぶん湧水ポイントがあるのだろう。仙境とは言い得て妙、なかなか神秘的というか幽玄の気が満ちている。谷底に降りるための細くて険しい径が通っていて、降り口にはお不動さんが二体立っている(と書いているうちに、このお不動さんの写真を撮って、それをアップすればよかったと後悔している)。はじめて岩内仙境を訪れたのは、小学生のころだったと思う。低学年だったか、高学年だったかは忘れた。鼻先の突き出た貸し切りバスに乗せられたことは憶えている。当時(半世紀前!)の十勝は国道以外、どこも未舗装の砂利道だった。むかしのバスはガソリンや排気ガスやら人いきれやらで、車酔いする生徒がけっこういた。二時間近くバスに揺られていたような気がする。ネットのマップによれば37㎞、59分。でも、実際には——法定速度をほぼほぼ(!)守って走っても——この半分くらいの時間で岩内仙境の入口に着いてしまう。農道も含めて、どこもかしこも舗装されていて、背後から追いすがる車も、対向車もほとんどない。助手席は無人。ずっと音楽を流している。空は青く、山並みは静かだ。夏はとうに過ぎたけれど、まだ秋の色には染まっていない。ひとりなのでおもしろくも楽しくもないが、寂しくも悲しくもない。無目的に車を転がしてみたいと思うときは、精神状態は比較的いい。ただ外の空気を吸っているだけ。もちろん記憶は明滅する。でも、それも風に流されていく。そうやってこの命も人生も流されていくのだろう。ときどきそう思う。

*88 夏の思い出。

湧洞沼(ISO/200, 55mm, f/8, 1/210, フィルターあり)

前回とは逆に、たまには人間のいる風景をと思って。

*87 夏の終わり、秋の始まり。

幕別町古舞のあたり(ISO/400, 18mm, 0.67ev, f/8, 1/850)

市内から帯広空港に向かう裏道(?)で撮影。たまにはだだっ広いだけの、なんの工夫もない写真もいいかと。

 

*86 わが家の薔薇

自宅花壇(ISO/400, 55mm, f/5.6, 1/200)

この薔薇、もともとは近くにお住まいの吉川さんから分けていただいたもの。それが今、ゴージャスに咲き誇る。芍薬が終わると、薔薇が蕾を膨らませ、今、満開。

*85 芍薬、雨の朝。

自宅花壇(ISO/400, 42.5mm, f/4, 1/85)

昔は北海道に梅雨はないと言われていたけれど、このところ雨が続きます。忙しすぎて、ブログの記事をアップできないので、せめて写真だけでも。

*83 裏庭の水仙

(ISO/200, 42.5mm, f/4, 1/120)

毎年春になると、裏庭の、隣家との境をなすブロック塀に沿うようにして、びっしりと水仙が花を咲かせる。北海道の春は遅いだけでなく、桜も躑躅も辛夷も水仙も、待ってましたといわんばかりに、ほとんど一斉に咲いてしまう。そういう風土に生まれ育ったわけだけれども、四十年も東京で暮らしたので、少しずつ時間差で楽しませてくれる「内地」の春の風情が懐かしくなることもある。

*82 まだつぼみ

大通公園(ISO/200, 18mm, f/2.8, 1/640)

4月の26日に撮影。今日(29日)は三分咲きくらいか。