*64 池のほとり

緑が丘公園(ISO/200, 55mm, f/5.6, 1/180, 補正)

猛暑の夏(朝7時半)。

*63 森のなか

十勝川エコロジーパーク(X-T20, ISO/400, 18mm, f/2.8, 1/90)

十勝川温泉の近くに岸辺の森を切り拓いたエコロジーパークがある。エコロジーと命名したいのなら、そのままにしておいたほうがいいと思うのだが、その森のなかに異様に捻れた樹木(柏?)を発見。なぜに枝は無残に途中から折れているのか? なぜに幹は股裂き(?)状態になっているのか? 落雷? 思わず立ち止まって、見上げてしまった。

*62 海浜の湖沼

湧洞湖(X-T20, ISO/400, 18mm, 0.67ev, f/7.1, 1/1700, WB晴)

十勝の太平洋岸にはいくつもの湖や沼が点在している。ホロカヤント、生花苗(おいかまない)、湧洞(ゆうどう)、長節(ちょうぶし)。このうちもっとも大きいのが湧洞湖(沼)。午後からふと思い立って出かけていったので、到着したときには3時を回っていた。若者たちがウィンドサーフィンやボート遊びに興じ、親子連れがテントを張っていた。この日も猛暑日。熱中症注意報が出ていたけれど、夏は暑いほうがいい。

*61 夏至

札内川(X100T, ISO/200, 19mm, f/4.5, 1/140)

今朝(7月1日)撮ってきた写真を見ているうちに「夏至」というタイトルを思いついた。今年の夏至は6月21日、すでに10日経っているわけだが、10/365だから、ほぼ夏至だということで……。ちなみに中央に3本ずつ計6本の筋が縦に入っているが、これは頭上に走っている送電線。まだ朝の9時を回ったばかりだというのに、太陽はすでに空高く上がっている。

*60 猫の構え

自宅(X-T20, ISO/200, 55mm, f/4, 1/105)

ダビデ風に左を警戒するシマ。

*59 芥子の花

根室本線高架下(X-T20,55mm, ISO/200, f/5.6, 1/125, trim.)

札内川土手までのいつもの散歩コースで。芥子の咲く季節になったか。アルジェリアのジジェルの現場を取り囲んでいた野原一面のコクリコ(coquelicot)を思い出しながら、パチリ。

*58 ノビタキ

札内川(X-T20, 55mm, f/5.6, 1/900, トリミング)

昨日(日曜日)の昼下がり、川の土手を散歩していたら、「さつないがわ」と書かれた看板に止まっているノビタキを発見。撮影しようとしたら、飛び上がって、ホバリングをはじめた、その瞬間。近くに巣があって、威嚇しているのではないかとのこと(鳥博士と結婚した長女の説)。

*57 芍薬

自宅前の花壇(X-T20, ISO/200, 55mm, f/4, 1/150)

蟻たちは芍薬が大好き。とくに蕾から開花しかけるときに集まってくるみたい。開いちゃうとなぜか見向きもしない。

*56 路傍の花

札内川高架線脇(X100T, ISO/200, 33mm, f/2, 1/90)

これはX100Tにテレコンヴァージョン(33mm)をつけて、マクロで撮ったもの(トリミングして拡大した)。X-T20より、なんというか、ちゃんと撮れる(撮っている?)感じがする。