札内川(ISO/200, 55mm, f/5.6, 1/750)

北海道で春を告げる植物といえば、五月の連休あたりに開花する桜よりもずっと早く、川辺に白いふさふさとした猫のしっぽのような花穂をつけるネコヤナギだろう。上の写真は雌の花なので、穂の先端に黄色の粉をふいている。昨日の朝撮影。真っ白い雄花は目に入らなかった。今日の午後にでも、さがしに行こうか。