*1 メシアン(2012年5月24日のブログ)

IMG_0092

あまりにも間があきました。2ヵ月以上。
吉本隆明の死と、わが友近藤渉の死のことを書いて、それっきり。

それっきりになってもいいかと思っていた。どうせ6月末になれば、このアップル提供のmobile.meというブログの軒下(?)もなくなるし、ちょうどいい潮時かと・・・。

ブログを書きつづけることで何かが開けるかと思っていたけれど、書いているうちにまるで墓を掘っているような気になってきた。それは本意ではないというか、本意がどこにあるのか、当人にもわからなくなってきたというか・・・。

そして、メシアン。

没後20年ということで、フランスでも日本でもCDの全集なんかが出たりして盛り上がっているようです。

でも、そんなこと、どうでもいいことだ。

どこから書けばいいのか。
Pascal Quignard ou la littérature démenbrée par les musesとう本があります。(訳せば、パスカル・キニャール、ミューズたちに引き裂かれた文学)

2010年にソルボンヌで開かれた学会のような、キニャールと親しい画家や音楽家が集まって、対談やらコンサートを催した記録のような本。対談の記録やら、短い論文やらが集められています。DVDも付録についています。

このなかに、エマニュエル・レヴィナスの息子ミシャエルとキニャールの対談が入っている。ミシャエルは音楽家で、エマニュエル・レヴィナスはキニャールの大学時代の恩師。

こんな事実を説明しているのも煩わしいくらいだ。

この対談で、僕は初めて、キニャールが、現代音楽の泰斗というのか、先駆者というのか、オリヴィエ・メシアンに深く傾倒しているということ—— 深い親近感を抱いているといったほうがいいのもしれないが、適切な言葉が浮かばない——を知った。

手もとに一枚のレコードがある。
オリヴィエ・メシアン作曲「世の終わりのための四重奏曲」
1975年メイド・イン・ジャパン。メシアン自身がピアノを弾いている。

1941年、33歳のときに収容所で書いた曲。

このレコードは僕が買ったものではない。

大学時代の友人、宮下昭が持っていたレコードだ。

遺品のなかから、このレコードを選んだのは僕だ。

彼のぼろアパートで(たしか、国分寺だったか)、二人いっしょにこの曲を聴いた記憶はある。

でも、彼が死んで、このレコードの所有者となった僕が、これをターンテーブルに乗せたことは一度もない。

二度と聴かないために、遺品として選んだレコードというべきか。

YouTubeでメシアンの曲を聴いている。

黙示録とはこういうことか、と思う。

ヨーヨーマの演奏が胸を打つ。

チェロはもっとも人間の声に近い楽器という。

キニャールもチェロを弾く。

父方はオルガニストの家系。

メシアンもオルガニスト。

オルガンの即興曲を聴いた。

凄まじい。

バッハのマタイ受難曲よりすごいと思ったりする。

来年はキニャールを招聘して、学会のようなものが東京で開かれる。
キニャール本人は「学会」のような堅苦しいのはいやだと言っているらしいけれど。

僕も呼ばれている。

たぶん、世界でもっともキニャール作品を翻訳したから。

結局は回帰していくのだと思う。

最初の場面に。

そこから逃れようとした、その場面に。

また墓を掘るような文章になってしまった。

しばらくお休みします。

このブログにずっとお付き合いいただいた少数の読者のみなさん、ほんとうにありがとう。

スタンダールみたいに、Happy fewと言えないのが残念ですが、きっとまた別なかたちで、お会いすることになるでしょう。
そのときまで、さようなら。
(6月末には、このブログのページは消滅します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です